ビールの値段が上がる!?6月1日からビールが値上げ?発泡酒 第三のビールは?

   

2017年6月1日よりビールが値上がりするって本当?

いやはやまた私たちの財布の紐を締めるようなニュースが飛び込んできました。

先月5日からのティッシュの値上げに続きビールまでもが・・・。
ちなみみティッシュの値上げと驚きの節約術についてもご紹介しております。
ティッシュが値上げ!ボックスティッシュを”倍”にする節約術

動画でも解説しておりますので、文章見るのがめんどくさいって人はこちらをどうぞ。


※発泡酒・第三のビールについても値上げする可能性があります。

 

どの種類のビールの値段が変わるの?

まず気になるのがすべてのビールの値段が変わるのか?

こちらについては結論から言うと、

値段は小売店が決めるのでわからない

ということになります。つまり、メーカー側が提供するビールの値段には変動があるが、私たち消費者が見る値段は小売店が決めます。

そもそもなんで値上がりするの?

そうですよね。「値上げします」「オウシット!!」で済む話ではありません。説明責任があります。

 

酒税法が改正

でました、こういう税金に伴う値上げ、嫌いです。(キッパリ)

酒税法が改正される(された)ことによってビールを作るメーカー側は小売店などに卸すベースの値段を上げざるを得なくなります。

当然、小売店がメーカーから買い取る値段が上がれば小売店もその分を乗せて販売したいですよね。
これが、ビール値上げに至る仕組みです。

先に述べたように、消費者への値段設定はあくまで小売店が決めるので必ずしもビールの値段が上がるとは限りません。
しかし、実質値段は上がるでしょうね。

少し脱線しましたが、すべてのビールの値段が上がるのかについてです。

発泡酒 第三のビールは値上げするの?

こちらについては結論から言うと、発泡酒や第三のビールも値上がりする可能性があります。

そもそもなぜ、今回の改正酒税法に至ったのがですが、深~い業界の闇があるんです・・・。

みなさんはビールを買うとき近くにコンビニやド○キがあればどちらで買いますか?

恐らく後者を選びますよね。なぜなら安いから。ただそれだけ。

勘の良い人ならお気づきだと思いますが、今回の値上げは地域の小売店などを守るためのものなのです。
大型の量販店やディスカウントストアの価格競争の激化がどんどん進む中、中小の小売店はそう易々と販売値を変えることなんてできませんよね。

今回の値上げには”価格競争の激化に歯止めをかけるため”という背景があるのです。

ですので、すべての種類のビール(類)において値上げする”可能性”はあるのです。

 

以上、ビールの値上げとその背景についてでした!
個人的には中小の小売店を守るためという今回の値上げの背景には賛同しています。

ビールを”お得においしく”飲む方法についてもご紹介しておりますので、是非チェックしてみてね!
瓶ビールのコスパ最強!ビール頼むより瓶ビールの方がお得なんだぜ?

 - 情報, 節約 ,