オーブントースターがなくても大丈夫!パンをアイロンで焼いてみた

   

あなたの家にはオーブントースターはありますか?

色々と料理をするお宅ならあると思いますが、ひとり暮らしだと意外と持ってない人もいますよね。
筆者Yoshiも持っていません。(だからこそこの記事にたどり着いたw)

トースターなんて必要ないと思っていても、ふと食パンを焼いて食べてみたくなりますよね。
一般的にはそんなときのテクニックとしてフライパンでパンを焼く(ダジャレちゃうで)というハック術がありますが、今回は全く違う視点というか方法でパンを焼く方法をご紹介します。

どの家庭にもある”ある物”で簡単にパンがサクサクに焼けます。

今回もネタ要素がありますが、実際に実用可能だと思います。

それでは参ります。

 

アイロンでパンを焼く

もうそのまんまです(笑)。

まずは動画で解説しているのでチェックしてみてください。

 

以下ポイントをまとめます。

高温で焼く

高温で焼くことで短時間にサクサクのパンが焼けます。

アイロンによって強弱あると思いますが、基本的に一番高い温度で焼きます。

 

アルミホイルを使う

アイロンは直接当てないでください(笑)。
熱で殺菌されてるかと思いますが、それでも直接は不衛生です。

 

スチームはオフ

スチームも使えば外はサクッと中はもっちり・・・なんてそんなうまくはいきません(笑)。

 

アルミホイルは熱伝導率が高いので熱くなる場合があるので注意して試してみてください。
動画でも言ってますが、結局おいしく食パン焼きたかったらオーブントースターが一番です!(笑)

ただ、たぶんみなさんが今思っているより案外サクサクにおいしく焼けるので試してみる価値はありますよ。

 

 - ネタ, 料理 ,