フェスの季節だ!ここらでフェスの持ち物を確認しておこうじゃないか

   

4月に入り、気温も暖かくなって外に出るのが楽しくなってきました。
今回のテーマはずばり、フェスです!

夏フェスを中心に10回以上の野外フェス参戦経験から学んだ知恵を伝授します!!

必要な物は最小限に抑える

まず必要な物を揃える前に重要なこと、それはできるだけ荷物は最小限にすることです。

ほとんどの会場には荷物を預けれるクロークがありますが、荷物が多くては行動が制限されます。盗難などの心配もより増えます。

私は財布も紛失や盗難が怖いので下のような首かけタイプの財布を服の下に忍ばせています。

これなら絶対に盗まれることはありません。
フェス中なら身軽で全く気になることもないです。

 

フェスの服装

フェスならではのオシャレをしたい気持ちもわかりますが、フェスでオシャレを気にしていたらフェスを100%で楽しむことは絶対できません!断言できます。

 

人生初の野外フェスは2007年のサマソニでした。終盤のオフスプのモッシュで履いていたスニーカーがバシルーラされた恐怖は今でも忘れません。

大阪から名古屋まで片足裸足の状態で帰るような経験をしたくない人は、なくなったり壊れたりしても良い服装にしましょう。(本当は途中でサンダル買いました)

 

フェスのドリンクは高い

これも重要。フェスで売っているドリンクは基本的には一般価格より高額に設定されています。

今はわかりませんが、サマソニではペットボトル500mlのポカリが250円でした・・・。
それでもみんな死に物狂いなので飛ぶように売れますw

 

ここでフェスで一番必要な持ち物をお教えします。
それは・・・

リポビタンD

ガチです。ネタじゃありません。
実体験を伴っているからこそ自信を持って(?)言えます。

2007年のサマソニでポカリを10本近く飲みながらも脱水症状などで死にかけた私ですが、2009年のサマソニはほぼ同じ条件下(場所、気温、服装、体調)でもかなり余裕を持って乗り切ることができました。

唯一の違い、それは参戦前にリポビタンDを飲んだことです。

それから筆者Yoshiはフェス参戦前に必ずリポビタンDを飲むリポD信者になりました。

 

凍らせたペットボトル+凍らせたタオル

ペットボトルを凍らせて持っていく人は多いと思いますが、凍らせたタオルを持っている人は少ないのでは?

濡らしたタオルをペットボトルに巻き付けた状態で凍らせば保冷効果も抜群にアップし、さらに冷え冷えのタオルを炎天下で首に巻いたときの解放感はマジでヤバいですw

 

日焼け止め

「そんなんわかっとるわ」って言われそうですが、それでも日焼け止めクリームは必需品です。

というのも私は肌ケアとか全く気にしないんで、夏フェスで何も日焼け止め対策をさずに参戦したことがありました。結果は鼻の皮が数時間でボロボロに

まぁ人より鼻が高い(自慢じゃないよw)からってあの夏は悪夢でした。

必ず男性も日焼け止め対策をしましょう。

 

アルコールが苦手な人は控える

お酒が苦手、でもフェスで1杯は飲みたい!そんな人はアルコールはやめておきましょう。ほぼ間違いなくグロッキーになります。あれ?つまりYoshiってお酒が・・・いや、そんなことは(ry

まぁ”フェスにお酒を飲みに行く”タイプの人はお好きなようにしてください。

 

以上、実体験を元にお伝えしたフェス対策です。
特にリポDはガチでマストアイテム(くでぇw)なので参戦経験がある方は疲れの違いを感じでみてください。

 

 - アウトドアDIY, 情報